「マスクマナー」

 

昨日ツイッターで「マナー講師」というワードがトレンド入りしていました。

 

 

TVで有名マナー講師がマスクマナーを語ったことが炎上していたのです。

なんと河野行革大臣まで反応「ヤメレ」とツイートしました。

 

 そのマスクマナーとは

薄いピンクが○、濃いピンクは×

黒マスクに白シャツ×、黒マスクに黒スーツ○

イラスト・柄入りマスク×、会社のロゴ入りマスク○

 

 

 

その理由は、

薄いピンクのマスクは「好印象」だからOK

濃いピンクのマスクは「威圧感を与える」からNG

黒マスクに白シャツは調和していないからNG

黒マスクに黒スーツはOK

イラストや柄の入ったマスクは「相手に気を使わせる」からNG

だそうです。

 

私は基本的に接遇マナー研修を行っていませんが、

オファー先からリクエストがある時だけお伝えしています。

その時に必ず伝える重要なことは

マナーがなぜ必要かということです。

 

理由は

歴史や伝統で確立された形式や方法を用いることで

相手(お客様)に歓迎の意や、感謝と思いやりで接していることが

より早く効率的に伝わるから

とお話しています。

 

お買い物していただいて、お釣りを渡す時

・無表情で片手で「あざっした」といって渡すのか

・笑顔で両手で「ありがとうございました」とお辞儀して渡すのか

どちらが感謝の気持ちが伝わるかということです。

 

この定義から考えると

私が勤めていた数年前まで、百貨店やホテルでは接客時マスクをすること自体が禁止でした。

いくらインフルエンザが流行ろうが、自分が風邪で喉が痛くてもできなかったのです。

(今考えるとそれも酷い話ですね)

だから「マスクマナー」なるものは、まだ歴史も伝統でも確立されていないのです

 

 ということは

相手に「伝わらない」

ということになります。

 

 

以前にも炎上したマナー案件として…

・お酒をお酌する時、注ぎ口から注いではイケない→注ぎ口は円(縁)の切れ目であることから相手に失礼に当たる

・印鑑を押す時、左に少し傾ける→上司にお辞儀しているように見える

 というのもありました。

 

これも同様に

 相手に「伝わらない」のです

(既に組織風土になっていれば別ですが)

 

相手に「伝わらない」マナーは意味がありません。

 

 

こういった、「伝わらない」とんでもマナーの流布はもちろん問題ですが、

当然歴史や伝統もアップデートされていきます。

マナーも「伝わる」ものだけにアップデートすべきだと思います。