「批判」と「非難」「誹謗中傷」は違う

批判 非難 誹謗中傷 違い ホスピタリティ オフィスAZM 濱野まさひろ
円山公園のチューリップが咲いていました。こんな当たり前のことが嬉しく感じるのは、今回のお陰かもしれません。

 

 

今回のコロナに関してよく出てくるセリフに

「こんな時に批判するべきでない!」

「批判ばかりしていないで、皆で一つになりましょう」

 

といった言葉を聞くたびに違和感や怖さを感じます。

 

 何故か?

現在の日本ではメディアも含めて批判と非難、

そして誹謗中傷が同じような意味として

混在して使用しているからです。

 

 

 

 

 

辞書にはこう書かれています

 

批判

 

  1.  物事の良いところ悪いところはっきり見分け、検討を加えて、判定・評価すること。

  1.  人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。

 

それに対して

非難

人の欠点や過失などを取り上げて責めること。

「非難を浴びる」など、周囲の人間が一方的に過失を責める際などに使用する。

 

 

 

ちなみに昨日起きた女子プロレスラーの自死から、トレンドワードになっている「誹謗中傷」

四文字熟語ではありません。別々の言葉です。

類語を並べて使っているだけなので、本当は誹謗・中傷です

 

 辞書では

 

誹謗

他人を悪く言うこと。そしること。

中傷

根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること

 

要するに根拠のある「非難」よりもっと悪質

誹謗中傷とは

根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つけることなのです。

 

 

こう見比べてわかる通り

批判・非難・誹謗中傷はどれも意味が違います。

 

 

だから「批判」は本来ネガティブな言葉ではありません

 

 

SNSを見ると、批判と誹謗中傷の境目が分からない

といった意見が散見されます。

 

私は相手へのリスペクトとその言葉に根拠があり、正しい方向へ導くための建設的なもの

なっている発言が「批判」だと思っています。

 

 

根拠あるけど、攻撃性のあるただのダメ出しは「非難」

 

根拠の無いただの悪口は「誹謗中傷」なのです。

 

批判にはホスピタリティがあります。しかし非難と誹謗中傷にはありません。

 

 

 

 

○○えもんがよく

「コロナが怖いなら行かなきゃいいだけだろボケ、頭悪すぎて笑う」

といった感じで発言しています。

 

こうなると、いくら主張が正しくても、非難や誹謗中傷にしかなりません。

 

 

会社の中でもこれらの言葉を理解し、意識してコミュニケーションを行うことが、

チームビルディングにおいても非常に大事なのです。

(家庭内でもですね)

 

 

 また、この言葉の意味の違いを分からないで、

批判しないようにしようという日本の風潮は大変危険なことです。

 

 ある国会議員が「批判なき政治を目指す」と発言したところ、

アメリカのメディアでは

「若い日本人にとって『批判』は誰かを侮辱すると同義なのか?」

 「独裁を目指すということか?」

などと話題になったそうです。

 

日本人皆が批判と非難の意味を理解するだけで、もっと前向きな対話ができるハズです

 

自分自身も発する言葉が非難 誹謗中傷になっていないか気をつけたうえで、

積極的に批判していきたいと思います。

 

 

 

 

 

***************************************
研修・人財育成ならオフィスAZM
http://www.officeazm.jp/
お気軽にメールでお問い合わせください!

***************************************