一方聞いて沙汰するな

 

2008年の大河ドラマ「篤姫」

宮﨑あおいファンの私、録画して数回観ています(笑)

 

その中で

「一方聞いて沙汰するな」

というセリフが出てきます。

 

一つの情報だけではなく、

多面的な情報から判断することが大事

 

という意味です

 

 

現在のこの状況、度々このセリフを思い出すことが多くなりました。

 

例えばマスク

 

最初の頃、専門家の間でも「一定の効果あり」という方と

「発症者以外不要」で分かれました。

 

結果は…

マスクをする習慣のなかった国含め世界中で着用することになり、

各国でマスク争奪戦となったのはご存知のとおり。

 

 

昨日、4月の自殺者数が昨年に比べ20%少なかったと厚労省から発表がありました。

 

これに対して

・著名人Aさん

「通勤通学しなくなって、同僚・上司、同級生や先生など人間関係のストレスから開放されたからだ」

 

・著名人Bさん

生活保護の申請が急増して自殺が減っているから、社会としてのセーフティーネットが機能しているからだ」

 

 

自殺に関してはデュルケームの「自殺論」という本があります

 

その中で戦争は自殺の増加を抑制すると唱えており

実際のデータでもハッキリと減少する兆候が出ているのです

激しい社会的変動に直面すると、なんとか生き延びようとする心理が強くなるのかもしれません。

 

恐ろしいことですが、逆に戦後は自殺者が急増します。

 

 

私はある意味現在、戦時中と同様の激しい社会的変動期にあると思うのです。

 

それらの情報を知らず、

 

「どんどんテレワークを推進しよう!」

「セーフティーネットを強化しよう!」

 

という世論の方向性になると、もしかしたらとんでもない間違いを犯してしまうかもしれません。

 

ビジネスでのジャッジも同様です。

一方のメリット情報だけ聞いて実行したら、取り返しのつかないことになるかもしれません

 

普段から一方聞いて沙汰をせず、多面的に情報をとって、判断をしていきたいものです。

 

 

 

 

 

***************************************
研修・人財育成ならオフィスAZM
http://www.officeazm.jp/
お気軽にメールでお問い合わせください!

***************************************