ラーメン店の券売機

突然ですが、私は自他共に認めるラーメン好きです。

昨年痛風になってしまい、食べる頻度はかなり少なくなりましたが、それでも定期的に(こっそり)食べています。
 
先日、私が昔から大好きな、ある地方のラーメン店へ久々に食べに行きました。
 
その店は常に行列の出来る名店で、モチロン味もバツグンですが、女性だけのスタッフによる素晴らしいホスピタリティがまた魅力なのです。
大行列でも、笑顔でオーダーを聞き、もう少々お待ち下さいと声を掛けられ、着席するとほぼ同時に着丼するという完璧なオペレーション。
最後にお会計の時に心からの「ありがとうございます!」で笑顔と共に見送られ、お腹も心も大満足で店を出るのです。
 
所が、店に入るとナント券売機が設置されていました。
ということで、オーダー時のやり取りとお会計時のスタッフとのやり取りが無くなってしまいました。
席へのアテンドと、出来上がったラーメンを持ってくる時だけしか、スタッフ接することが無くなってしまったのです。
 
出てきたラーメンの味は、相変わらず絶品でした。
しかし、店をでたときの満足度は、今迄の80%程度だった気がします。
 
券売機に変わった事をSNSにアップしたら、ラーメンファンから続々と悲しむ声が寄せられました。
 
以前、札幌らーめん共和国の沼田館長にお話を聞いたところ「ラーメンも接客、特にお客様とスタッフとの会話が大事なんだ」と仰り、絶対券売機を入れない方針だそうです。年々右肩上がりの札幌らーめん共和国、人気の秘密はそんな所にもありそうです。
 
 
モチロン店主一人で営業しているような店は、券売機の導入も必要でしょう。
しかし、効率が良くなる、売上集計が楽になると言って、安易に券売機に変更しようとしているなら、ちょっと立ち止まって考えてみてください。
 
ホスピタリティも「味」の一部なのです。
 
{746A00E2-CA04-453E-B4C6-9A0B035885EE}

旭川の名店「ふるき」です。
先代から娘さんに代わっても、絶品濃厚味噌らーめんの味は変わりません。
そして、地方のラーメン店では帯広の「みすゞ」と並ぶ、素晴らしいホスピタリティ溢れるお店で、2時間待ちも苦にならないのです。
************************************

お気軽にメールでお問い合わせください!
************************************