小樽名物「夢」会議が行われました!

先日ブログでも告知しました、新たな小樽産品を創りだすための協働型組織、「小樽1♡8プロジェクト」による、キックオフイベント『小樽名物「夢」会議』が4月16日に行われました。

小樽を愛する皆さんが、なんと会場満席の約70名も大集合です!

最初に小樽市博物館の石川館長による基調講演です。
「小樽らしさとは」をテーマに、小樽市民も知らない小樽の秘密を教えてくれました。
例えば昭和初期の小樽では、鯉料理が名物だったって知ってました?

ブラタモリ出演時の何倍ものスケールで、小樽の秘密が明らかになり、参加者の皆さんも驚きの表情です。

その後は、私がお手伝いをして、ワークショップを行いました。

もの凄い盛り上がり方です。
参加者の皆さんの小樽愛の熱さが、ビシビシと伝わってきました!

 

詳細は小樽ジャーナルさんが、記事にしてくれましたので、是非お読みください!

 

アンケートを見ると、「今後の活動にも参加したい」という意向の方が、半数以上と驚きの結果です。

 

早速、明日4月21日(木)午後6時30分より、話し合いをした内容を、更に具体的に進めていくため『夢へのステップ会議Part1』を行います。
場所は、小樽市いなきたコミュニティセンター(フードセンターの入っている建物です)第一集会室で行います。


ドタ参加も大歓迎ですので、ご都合合う方は是非ご参加ください!