ホスピタリティに溢れる、札幌のラーメン店

まだお正月気分ということで、軽くラーメンの話題にします。
なので、軽く読み流してください(笑)

facebookでお友達の方はご存知かと思いますが、私は温泉以外にもラーメン食べ歩きという趣味があります。
以前は毎日食べ歩きするほど好きでした。
残念ながら、現在は血圧がかなり高くなった為、一週間に二~三杯に抑え、スープ完飲も控えています。辛い日々です・・・。

大正12年北大前の「竹屋食堂」から始まった札幌ラーメンの歴史。
今やラーメンの本場と言われ、ラーメン店が1000店舗以上あります
そして、新しい店が年間70店以上オープンして、同じ数程閉店しているとのことです。
本場だけに物凄い激戦区なのです。

それ故に、一般的に名店と言われているラーメン店は、接遇の良い所が多いと感じます。

その中でも、チェーン店の様なマニュアルに基づいた接遇では無い、ホスピタリティマインドを感じられる、札幌のオススメラーメン店を(独断で)発表したいと思います。
勿論、味も保証します!

「むら山」 
ご主人含め、スタッフの方皆さんが、気持ちの良い対応をしてくれます。
ご近所の常連さんとも付かず離れずの会話。
天金で修行されたご主人が作る、正統派旭川ラーメンのお店。

「木蓮」
女性スタッフの細やかな気配りがグッド。
純すみ系ですが、あまり脂が多くない洗練された一杯

「喜來登」
ここのお母さんの対応が本当に素晴らしい。
お見送りの「ありがとうございます」の気持ちの込め方、「気持ちのこもった接客」とは何かが分かる店です。
ネギ山盛りが嬉しい、本当の糸末の味を受け継ぐ店
(現在の糸末は実は違います)

「ふしみ」
お父さんが福住の「常」、お兄さんが苗穂「こぶし」という、ラーメン一家。        明るい笑顔、温かい接遇はそれ故かも知れません。「目配り気配り心配り」を体現しています。
すみれの村中さんが直接指導監修した「すみれ風味噌」は、現在のすみれで食べるそれより美味いとも言われています(笑)

改めて見ると、歴史有る有名店で修行されたご主人の店が多い印象ですね。

ラーメン程、特殊な食べ物は無いと思っています。
食べている人の顔を見ると、黙々と真顔で食べている人が殆どで、他の料理店で見られる笑顔で楽しく食事をするという雰囲気ではありません。
(これについても色々語りたいのですが、ラーメンブログでは無いのでww)
だからこそ、ホスピタリティを感じるラーメン店と出会うと幸せな気分になるのです。

***************************************
即、現場が変わる。研修・人財育成ならOfficeアズム
http://www.officeazm.jp/
お気軽にメールでお問い合わせください!

***************************************