「商店街みらい会議」に参加しました。

昨夜は「環状通東商店街」の「商店街みらい会議」に出席してきました。

「商店街みらい会議」とは・・・商店街関係者だけでなく、地域の方や、地域で活動している学生や団体、NPO、企業など、組織や地域を超えて様々な市民が集まる対話の場です。
地域コミュニティの重要な担い手である商店街を元気にし、商店街や地域を元気にするアイデアを一緒に考える企画会議です。
商店街が地域のために出来ることを多様な参加者で意見を出し合いながら考えます(HPより)
http://www.sapporo-futuresession.jp/shoutengai/index.html
前回一回目の会議は、まず旧苗穂地区の歴史を知った後、参加者が思った事感じたことを話し合い、最後に全員で共有しました。
http://www.sapporo-futuresession.jp/pdf/kanjyou_report01.pdf



ファシリテーターは私と同じ「きたかん.net」仲間の溝さん。相変わらず切れ味鋭いファシリぶりで、勉強になります。

今回はそこで出てきたキーワードにプラスして、札幌大谷大学の学生さん達が商店街でアンケートをした結果を発表しました。
その中から「食」「まちあるき」「歴史」「夜に活気を増す」「非組合員との連携」といったテーマに絞りました。
それぞれ好きなテーマでグループになり、どんな事をしたら良いか、ブレインストーミングと云う手法で話し合いをしました。

私は「夜に活気を増す」でグループワークをしたのですが、そもそも、夜に開いている店が少なく、地下鉄とバスターミナルが直結しているため、「帰りにちょっと一杯」というモチベーションが起きない事に気づきました。
逆に、病院や福祉施設が多いと云う話になり、それなら各レストランで病気の人でも美味しい食事を提供する「病人グルメ」が良いのでは?というアイディアが出てきました。




その他のグループからも斬新な素晴らしいアイディアが沢山出てきました。
自分で主催やファシリテーターをするのも楽しいけど、純粋に参加して皆とつくり上げるのはもっと楽しいです♪
大谷大学の森教授(実は観光がご専門だった!)ともお知り合いになれました。
是非、また参加したいと思います。

帰りは今年最後の満月を眺めながら帰りました。



***************************************
即、現場が変わる。研修・人財育成ならOfficeアズム
http://www.officeazm.jp/
お気軽にメールでお問い合わせください!

***************************************